ライブハウスで働く
岡華子
京都芸術高校卒業→本学科12年度卒業→12年11月〜株式会社ラグインターナショナルミュージック→15年度〜一般社団法人志布志市観光特産品協会勤務
※このインタビューは株式会社ラグインターナショナルミュージック勤務当時に行われました。

―現在の職業・活動について―
 4回生の時に、学科の事務から「音楽関係の仕事に興味がないか?」と今の職場を紹介され、面接を受けさせて頂くことになりました。元々音楽が好きだったことと、そういった関係の仕事に就きたいと思っていた矢先のことでした。入社前の研修として、4回生の11月からアルバイトとして働き始め、4月からは社員として働いております。
 主な業務は電話応対とウェブでの広報です。電話応対では、ライブのチケットをお買い求めになられるお客様や、出演するアーティストの方はもちろん、ラジオ局や新聞社の方といった会社全般に対する電話応対をしています。ウェブでの広報では、HP・ブログ・メルマガの他、twitterやFaceBook、LINEでの情報発信をしています。  


―ASP学科で学んだこと―
 ARTZONEでは、展覧会の広報、展示、搬入出といった一連の作業を経験し、流れを身に付け、実践する事ができるようになりました。また、多くの人と知り合うことができました。その方たちに仕事をお願いすることもあったので、やっておいて良かったなと感じます。
 美術館調査では、ExcelやWordを利用して調査結果をまとめるので、自然とそれらの操作が身に付きました。いま現在、日常的にこういったソフトを利用して仕事をしているので、大変役に立っています。また、美術館の方へのインタビューや電話での問い合わせも行ったので、学外の方へのメールの送り方や言葉遣いも学べたと思います。


―ASP学科の在校生・これから入学されるみなさんへ―
 出来るだけ多くの人や物事へ真摯に関わり、ふれてみてください。そしてたくさん成功してたくさん失敗して学んでください。何かみえてくるかもしれません。  


(2013/10更新)